【気象予報士】酒井千佳 Part15【おはよう日本】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさんといっしょ2018/02/18(日) 00:30:32.39ID:NvOF2Z29
三桂所属のフリーアナウンサー・気象予報士、酒井千佳(さかい・ちか)さんのスレッドです。

◆プロフィール
http://www.sankeipro.co.jp/talent/%e9%85%92%e4%ba%95%e3%80%80%e5%8d%83%e4%bd%b3/

◆ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%8D%83%E4%BD%B3

◆酒井千佳オフィシャルブログ「ゆるり日和」
http://ameblo.jp/chika-yururi/

◆前スレ
【気象予報士】 酒井千佳 Part13‐B 【おはよう日本】
https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/nhk/1516063987/
前々スレ
【気象予報士】 酒井千佳 Part13 【おはよう日本】
https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/nhk/1514752314/

◆アナ板のスレ
【NHK】 気象予報士・酒井千佳 Part7 【おはよう日本】
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1515208238/

394名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:15:51.75ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

395名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:16:06.90ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

396名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:16:22.01ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

397名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:16:37.14ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

398名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:16:52.27ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

399名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:17:07.55ID:YWaD3PxI
.

400名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:17:22.58ID:YWaD3PxI
.

401名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:17:37.73ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

402名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:17:52.82ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

403名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:18:07.91ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

404名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:18:22.99ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

405名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:18:38.17ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

406名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:18:53.32ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

407名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:19:08.58ID:YWaD3PxI
.

408名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:19:23.92ID:YWaD3PxI
.

409名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:19:38.94ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

410名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:19:54.07ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

411名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:20:09.31ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

412名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:20:24.41ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

413名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:20:39.49ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

414名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:20:54.68ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

415名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:21:09.91ID:YWaD3PxI
.

416名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:21:24.92ID:YWaD3PxI
.

417名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:21:40.12ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

418名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:21:55.14ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

419名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:22:10.21ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

420名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:22:25.33ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

421名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:22:40.45ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

422名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:22:55.55ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

423名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:23:10.80ID:YWaD3PxI
.

424名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:23:26.20ID:YWaD3PxI
.

425名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:23:41.30ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

426名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:23:56.43ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

427名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:24:11.68ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

428名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:24:26.78ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

429名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:24:41.86ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

430名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:24:57.10ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

431名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:25:12.21ID:YWaD3PxI
.

432名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:25:41.94ID:YWaD3PxI
.

433名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:25:57.11ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

434名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:26:12.31ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

435名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:26:27.43ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

436名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:26:42.58ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

437名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:26:57.76ID:YWaD3PxI
二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、
現地時間4月1日(日本時間同2日)のオークランド・アスレチックス戦に先発して初白星をあげた。
2回に3ランを浴びたものの、その他の回はノーヒットに抑える好投。
6回を投げて3安打3失点1四球6奪三振のクオリティースタートを達成して勝ち投手となった。
アスレチックスの1番・シミエンを相手に記念すべき第1球は、内角寄りやや高めに154キロのフォーシームを投げ込んだ。
これであっさりストライクをとると、2球目のスライダーで空振りを奪って追い込む。
ボール1つを挟んで、4球目は141キロの高速フォークだ。
外角低めにきれいに落ちたボールにシミエンのバットがクルッと回って、メジャー最初の奪三振を奪った。
続く2番のローリーには158キロの速球を2球投げ込んで、最後は157キロの真っ直ぐで捕邪飛に打ち取った。
そして3番のオルソンの初球には、この日最速の160キロのフォーシームが女房役のマルドナード捕手のミットを叩いた。
そこから134キロのスライダーで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振り三振で三者凡退だ。
文句のつけようのない立ち上がり。敵地だったが、球場はなんとも言えないため息と歓声に包まれた。
2回には味方打線が2点を先制し、大谷に勢いがついたかと思ったが、その裏に“洗礼”は待っていた。
1死から5番のジョイスに157キロのストレートを左前に叩かれ、続くピスコッティーには
カウント1ボール2ストライクから160キロの速球を右前にはじき返された。
ジョイスのボールは真ん中高めに甘く入ったボールだったが、ビスコッティへの1球は
アウトコースの低めの厳しいコースを突けていた。
日本なら完全に力で押し切っていたボールだったが、それを難なくライト前にライナーで運ばれてしまった。
7番のチャップマンには2球続けてスライダーを選択したが、その2球目が外角寄りの甘めに入ると、
これを左中間スタンドまで運ばれた。
打った瞬間にマウンド上で「アッー!」という表情を見せたが、後の祭りだった。
逆転の3ランである。
ただ投球内容に関しては、この回もある程度、納得した部分はあった。
しかしそれ以上に悔やまれるのは、先制点をもらった直後に失点してしまったこと。
それがこの試合での、メジャー初マウンドでの最大の反省点だった。

438名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:32:59.23ID:YWaD3PxI
.

439名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:33:14.58ID:YWaD3PxI
.

440名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:33:29.73ID:YWaD3PxI
.

441名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:33:44.86ID:YWaD3PxI
.

442名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:34:00.00ID:YWaD3PxI
.

443名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:34:15.18ID:YWaD3PxI
.

444名無しさんといっしょ2018/04/02(月) 16:34:30.45ID:YWaD3PxI
                  ______,,,,,,,,,,,,,,,,______
             ,,,,:::::::゙゙゙゙、-‐‐-、::::::::-‐‐-、゙゙゙゙::::::,,,,
           ,,::"::::::::::::::/    ヽ/    ヽ:::::::::::::"::,,
          /::::::::::::::::;;;;l    ●|●    l;;;;::::::::::::::::\
        /:::::::::::: ''"   ヽ.   ,.-‐-、   ノ  "'' ::::::::::::\
       /::::::::::/  ー-、,,,_   ̄´l::::::::::::l` ̄  _,,,、-‐ \:::::::::ヽ
       i':::::,、-‐-、.     `'''‐- `‐-‐' -‐'''´    ,.-‐-、::::::::i,
       i'::::/      ──-----  |  -----──     ヽ:::::::i,
      i':::::{.     -----‐‐‐‐‐  │  ‐‐‐‐‐-----    }::::::::i
     .|:::::i ヽ.,         _____,,,,,,,,|,,,,,,,_____         ,ノ i:::::::|
     .|::::|   `'t‐----‐''''''´         `''''''‐---‐t''´  |::::::i
      i::::i    i                      i    i:::::i'
      .'i:::i    i                      i    i::::i'
  , -‐‐- 、::i,    ヽ.                     /   /::i'
 /     ヽi,    ヽ   /゙゙゙゙゙゙゙"'‐--‐'"゙゙゙゙゙\  /    /:i'
 {      } ヽ     \ /             i/    ./'´
 ヽ     ノ:::::::\     `''‐-、,,,,,,,,,_______,,,,,,,、-‐'´    /
                                           
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

▼ 次スレはこちら ▼
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1515208238/

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています