【堀井】 DQ11Sの“S”はセーニャの“S” 【不倫】

1赤本と緑本2018/11/12(月) 10:16:42.79ID:jEmYcB70
DQ11エンディングの謎を個人的に解明。

赤い本はベロニカが勇者の盾となって死ぬDQ11サイドA
(3DS版・PS4版)
緑の本はセーニャが勇者の盾となって死ぬDQ11サイドB
(switch版に収録。DQ11SはセーニャのSという意味もある。)

ベロニカの服が赤でセーニャの服が緑だからそんな気がする。
俺の予想ではどちらが死んでも物語全体として大きな違いは無い。

23漫画にたとえる2018/11/12(月) 17:41:00.39ID:F9OoRR88
漫画にたとえると、DQ3は「ドラゴンボール」。
全体的にバランスが良く、短所が少ないのが特徴。

一方のDQ11は「ワンピース」。
大作なんだけど、短所も目立つ。
全体としては高評価。

24DQ11の本質2018/11/12(月) 17:43:17.59ID:F9OoRR88
よく「DQ11は面白かったけど、何度もやる気にはならない」という声を聞く。
この感想こそが、DQ11を端的に評価していると言える。

つまり、「面白かった」=ストーリーが良かったということ。
「何度もやる気にはならない」=ゲームバランスが悪かったということ。

DQ11の良さというのは「映画」の良さであって、決して「ゲーム」の良さではないんだよなあ。
本当の「のめり込む」楽しさというのは「映画」でなく「ゲーム」でないと表現できないものだ。

25ゲームバランス2018/11/12(月) 17:44:24.65ID:F9OoRR88
DQ4のアリーナやDQ5のパパスが会心の一撃を連発する。
「おーっ、強え!!」とプレイヤーは思う。

DQ6のドランゴが仲間になって、しゃくねつや輝く息を吐く。
「めちゃくちゃ強え!」とプレイヤーは興奮する。
「ドランゴ引換券」という言葉まで生まれる程だ。

DQ11でグレイグが仲間になる。
「…ん?」「あれ?思ったほどでも無いな…」
ここにゲームバランスを軽視してきたツケがくる。

いくら見た目や設定で強そうには見せられても、
実際の数値で強いと思わせられないとインパクトに欠けてしまう。
だからゲームバランスは大事なんだと。

26ゲームバランス2018/11/12(月) 17:45:16.30ID:F9OoRR88
ゲームバランスに難があるのは
開発者が完成品をちゃんとプレイしてないからだと思うわ。
だからユーザーの意見のうち、どれが「正しい」意見なのかが分からない。
結果、自分に都合のいい意見をユーザーの総意と勘違いしていく。
その積み重ねが、最近のドラクエのヌルバランスにつながってるんだと俺は見ている。

27中村こういち氏の功績2018/11/12(月) 17:46:45.58ID:F9OoRR88
初期のドラクエのゲームバランスが良かったのは、
何と言っても中村こういち氏の功績が大きいだろう。
彼が抜けたDQ6から急にバランスがおかしくなった。
(何のリスクも無しに強力な特技が使い放題。)
堀井は自分の感覚が全て正しいとは思わず、
「中村君が支えてくれたから今の俺があるんだなあ。」
位に思った方がいい。
DQ8サブタイトル「空と海と大地と呪われし姫君」や
DQ9サンディの存在、DQ11主人公の髪型などを見るにつけ、
堀井の羅針盤にズレが生じてるのは傍からもよく分かる。

28これからのドラクエ2018/11/12(月) 17:53:35.45ID:F9OoRR88
これからのドラクエに要望することは
システム面もそうだが、
まずは「絶対やっちゃいけないレベルでの改悪」
をしないで欲しいということ
と言うかまず「絶対やっちゃいけない」とはどのレベルなのか

例えば呪文の名称
俺の基準で言わせてもらえば、ベホイム→NG、バギムーチョ→NG
ディバインスペル→NG、メラガイアー→OK、こんな感じだな
もちろんこれって主観が入るから人によってバラつくのは言うまでもないが、
ある程度ドラクエをやり込んだ人なら大体近い基準にはなると思う
だから開発者にはとにかくドラクエをやり込んで欲しいわ
(仕事で関わった上にプレイしろとは酷かもしれんが)
呪文名に限らず、諸々の判断基準はそこから培われると思ってる

29ベロニカ!2018/11/12(月) 17:54:34.31ID:F9OoRR88
ハッキリ言っちゃうと、俺が発案した「ベロニカ」が最強なんだよな

ホイミ → ベホイミ → ベロニカ → ベホマ → ベホマラー → ベホマズン

どうだ、言いやすいだろう?
オマケにベホマの格も下がらない感じがいいわな
まあこういういい案も100個あるうちの1〜2個位しか通ってないんだろうな、最近のドラクエは

30ベロニカ!2018/11/12(月) 17:59:28.43ID:F9OoRR88
ベロニカが死んだときに、
イベントでセーニャが「ベロニカを覚えた!」とかやっちゃえば
以降の作品では説明なしに使えるのにな
ベロニカへの思いがこもってるから、HPが大きく回復するイメージにも合うしな

しかもベロニカが死んだ時に覚えれば、
人物としての「ベロニカ」がリタイアしたことで
呪文名と人物名の混同も最小限に抑えられるからな

過去の世界に行けばベロニカは生きてるけど
その頃にはもう「ベホマ」の方が主流になってるだろうし、
紛らわしさの問題もクリア出来て最高の案だと思うけどな

31引き算の発想2018/11/12(月) 18:04:39.48ID:F9OoRR88
3Dの使用は必要最低限にとどめるべきで、新しい技術ほど使用に慎重にならなければならない。
人類の歴史を見ても、文明の進歩が本当に人間を幸せにしたのかということだ。
例えば「車」を例に取ると、確かにこれのおかげで移動が便利になった。
物流の観点からも生活を大きく進歩させたと言えよう。
ただ半面、排ガスによる自然環境のダメージも考えないといけない。
地面を大量にアスファルトで埋めることの是非だってある。
そのアスファルトも常に保守が必要になってくる。
また地球温暖化との関連もあるし、交通事故によって死亡する人も後を絶たない。
こう考えていくと、新しい技術のプラスとマイナスを見て、
少しでもプラスが勝るならそれは初めて「文明」と言うことが出来るのだと言える。
逆に文明というのはその程度のもの。
便利というプラス面だけを見て多用すると、かえってしっぺ返しを喰うことになる。
ドラクエにおける3Dの多用もまた同じ。
ここ一番の大事な時に使ってこそ新しい技術も生きるし、文明の上手な使い方と言うことが出来よう。

32引き算の発想2018/11/12(月) 18:07:13.88ID:F9OoRR88
技術力が上がったからこそ単純化しなければいけない部分は多いはず。
昔の「マリオ」の横スクロールが何故ウケたのか。
あれは技術的に3Dが無理だったことがむしろプラスに働いているんだよなあ。
プレイヤーの中で単純化しやすい。
FC版のドラクエ3だってそう。
技術が足りないことが変な要素を詰め込まない良い土壌となり、
空前絶後の名作となりえたのだと言えよう。

33引き算の発想2018/11/12(月) 18:09:14.81ID:F9OoRR88
昔のDQ3の戦闘画面。
敵だけ見えていて背景は真っ暗。
アニメーションもなく、
「〇〇のダメージを受けた!!」
と数字のみで説明する。

今のドラクエ、あるいは未来のドラクエがどんなに進化しようとも、
これを超えることはある意味では不可能と言ってもいい。
これこそがプレイヤーの想像力をかき立て、
プレイヤーの想像力にゆだねる究極の表現方法なのだから。

34ボイスについて2018/11/12(月) 18:14:04.83ID:F9OoRR88
今の時代の声優って若手重視だよな。
声優業界の転機となったのは、2005年の「ドラえもん主要声優総とっかえ事件」。
声優業界を揺るがした一大事件だ。
ドラえもん、のび太、しずか、スネ夫、ジャイアンの声優が70歳前後の年齢となり、
製作サイドで思い切って全とっかえに踏み切った。
高齢化で声の切れが落ちたというのが理由だが、もう一つ見逃せないのは高額なギャラだ。
年々厳しくなるテレビ業界においては、高給司会者の淘汰が進んだ。
アニメ界もこの例に漏れず、ベテランの高給取りがリストラ対象となった。
大山信代(ドラえもん)はこの人事に最後まで抵抗し、
せめて自分一人だけでも残して欲しいと嘆願したと言われている。
しかし願い叶わず降板となり、その後認知症を患ったのは周知の通りである。

業界全体で高給取りの淘汰が行われ、若返りが進んだ。
結果としてギャラは落ち着いたが、マイナスも当然ある。
熟練の声優を排除したことにより、「能力の劣化」が進んだ。
中間世代の空洞化により、技能の継承も途切れがちになってしまった。
結果として「この声優、なんか合わないなあ」「下手糞だなあ」
という声はゲームのみならず至るところで聞かれるようになったと思う。

35サントラ2018/11/12(月) 18:15:20.54ID:F9OoRR88
DQ11「サントラ」では、使い回し曲の曲名を変更して欲しい。

勇者の挑戦 → 邪神への挑戦
おおぞらをとぶ → おおぞらをとぶケトス
冒険の旅 → 過ぎ去りし冒険の旅
精霊の冠 → 海底王国ムウレア
コロシアム → 仮面武闘会

こんな具合にな。
その方が感情移入できるわ。

36サントラ2018/11/12(月) 18:16:17.05ID:F9OoRR88
フィールド曲の繰り返しになる直前のメロディが 「金の無駄」 と聞こえるのは俺だけか?
大体1分7秒くらいの所。

37パラレルワールド2018/11/12(月) 18:22:19.70ID:F9OoRR88
堀井が意図する「収束する世界観」よりも、
ユーザーが意図する「パラレルワールド」の方が設定として面白い。
そこが全ての本質的な問題なんだよなあ。
ムキになってパラレルを否定することは、才能の差を認めてるに等しい。

38開発者の発言2018/11/12(月) 18:26:33.88ID:F9OoRR88
開発者の言ったことなど、
作品そのものから読み取れる内容に比べたら蚊ほどの価値も無い。
文化芸術部門というのはそういうもの。
特に時間が経てば経つほどそうなる。
彫刻作品でも何でもいい、それを見た後世の人は
作品そのものから何かを感じ取るのであって、
作者が言ったことなど興味は無い。
ベートーベンの「運命」を聴いた人は、
あのメロディが記憶に残るのであって、
ベートベンが何を言ったかなど専門家以外は知らんわ。

39開発者の発言2018/11/12(月) 18:28:39.20ID:F9OoRR88
開発者が発売後に言ってもそれは後付け
かついくらでも上書き可能な意味の無い方便
「沈黙は宝なり」、しゃべればしゃべるほど作品の質を落とすだけ
クリエイターはあくまで作品の中身で勝負しろ!と言いたい

40ケトス2018/11/12(月) 18:32:49.26ID:F9OoRR88
ヨッチ族は普通の人には見えないが、ヨッチ村に行くと見ることが出来た。
鯨もそれと同じで良かったのに。
大空には無数の鯨が泳いでいるが、普通の人には見えない状態。
天空のフルートを使うことで初めて見えるようになる、とかで。
それなら最初に「神の岩」でロトゼタシアがいかに広大かを示したことともつながる。
最近じゃ崖から落ちた主人公を救ったのはケトスという説もあるそうだ。

41ロウの外見2018/11/12(月) 18:34:30.12ID:F9OoRR88
ロウは16年前の4大国会議の時点ではまだ白髪じゃない方が良かったな。
その方が16年間の苦労をより表現できたと思う。
そもそも名前が偽名じゃないのに、グロッタをはじめ各地で正体がバレないのが不思議。
外見が大きく変化して周りが気付かなかったとかなら納得がしやすい。

42ハンフリー2018/11/12(月) 18:35:30.97ID:F9OoRR88
「最後の砦」で絶望に打ちひしがれてる住民たち。
その中の少年がハンフリーのポスターを大事に持っていて、
生きる支えにしてるような描写は欲しかったよな?

43ビッグ32018/11/12(月) 18:39:32.87ID:F9OoRR88
DQ3は、ラスボスのシーン1つ取っても神がかっていたな。
ゾーマのセリフ、デザイン、音楽と
堀井、鳥山、すぎやまの3人の仕事が見事なまでに調和していた。

今作を見ると、3人とも衰えは隠せなかったように思う。
そりゃそーだ、30周年という年齢を考えれば当然のこと。
(その中でも一番頑張ったのはすぎやんだと思う。)

ところがだ、衰えてるにも関わらず、ニズ戦に関しては
セリフ、デザイン、音楽の3つが見事なまでに調和を奏でていた。
こんな奇跡もあるんだなと思ったわ。

ビッグ3による最後の共演、それがほんの一瞬とは言え
かつての「凄み」を見せたことに、個人的には驚きを禁じえないわ。

44ハードの違い2018/11/12(月) 18:42:15.68ID:F9OoRR88
PS4版の方がいい点と3DS版の方がいい点とがあるよな。
キャラの表情は圧倒的に3DS版なんだが(細かい所まで配慮が行き届いている)、
シルビアに関してはPS4版の方が好き。
ゾーンの「れんけい技」の演出も断然3DS。
例えば「お宝ハンター」や「ビーストモード」時のキャラの表情、仕草なんかは全然違う。
ケトスの泳ぎも3DS版が上。
PS4版は曲のテンポとケトスの泳ぐスピードとが噛み合っていない。
半面、フィールドのグラフィックは圧倒的にPS4。
ただ、あの糞長いロード時間と引き換えと考えると、手放しに評価は出来ないけども。

45周回プレイ2018/11/12(月) 18:46:51.42ID:F9OoRR88
周回プレイを楽しめるかどうかは、ゲーム性の高さによる。
DQ11のように「映画」としての側面が強いと、あまり周回プレイには向かないな。
ストーリーが良いだけのゲームは、1回やると先が分かって興味が半減するからな。
何回もやろうと思うゲームってのは、ゲームバランスが良いかどうか、これに尽きる。
DQ11はスキルによる多様性があるお陰で俺は周回プレイしているが、
惜しいのはレベルがマックスになるとスキルパネルがほぼ埋まってしまう点。
これを改善すればプレイ毎の多様性が増して、より周回プレイに向いたものになるんだけどな。

その点DQ3やDQ5はプレイの多様性という面で優れている。
どの職業、どのモンスターと旅をするか、その組み合わせが豊富で毎回違った旅になる。
そういう「一期一会」みたいな、その1回限りの旅、アイデンティティというのはとても大事なものなんだよ。

46キャラのアイデンティティ2018/11/12(月) 18:54:15.87ID:F9OoRR88
呪文特技のかぶりが多すぎるんだよなあ。

一例をあげると、
ピオリム(シルビア、セーニャ)、バイキルト(シルビア、ベロニカ)、マホカンタ(ベロニカ、ロウ)
マジックバリア(ベロニカ、グレイグ)、マホトーン(ベロニカ、セーニャ)、ザラキ(セーニャ、ロウ)
火炎斬り(主、カミュ、シルビア、グレイグ)、スリープダガー(カミュ、シルビア)、暴走魔法陣(ベロニカ、ロウ)

他にも山ほどある。
回復呪文は仕方ないにしても、それ以外は出来るだけかぶらないようにするのがバランス的には正しいんだよなあ。
でないと、「〇〇の呪文を使いたい、えっと誰が覚えてるんだっけ?」となった時にキャラがすぐ出て来ないんだよ。
全部AIに任せてればこんなことは無いけど、馬鹿すぎて任せられないんだよなあ。

使用者がダブると、この呪文(特技)はこの人!というアイデンティティが崩れてしまうんだよ。
そこが問題。
バイキルトをベロニカもシルビアも使えたら、それだけでシルビアの魅力は半減なんやで?
唯一ダブっていいのは勇者くらい。
他人の呪文特技もある程度までは使いこなせるのが勇者のアイデンティティだったはずだから。

47市村龍太郎2018/11/12(月) 18:58:03.13ID:F9OoRR88
このスレで定期的に
「市村がDQ4でピサロを仲間にしたのは大失敗だった」
とか書き込んでる奴が居るけど、
俺に言わせればあれが市村の最高実績だと思うぞ?
あれを批判する奴の方がハッキリ言って
ドラクエの「ド」の字も理解してない感じだわ。
そんな奴がこのスレでDQ11の何を語るんだ?っていつも思うわ。

48市村龍太郎2018/11/12(月) 19:03:56.79ID:F9OoRR88
あのピサロ仲間の良かった点は、
DQ4までは「呪文」「特技」のうちの「呪文」がメインの作品だった。
(一部にドランの炎やトルネコの面白プレイのような「特技」と呼べるものもあったが
 全体としては「呪文」主体のゲームだった。)
そんな世界観に「特技」を持ち込んだらどうなるか?
というユーザーのちょっとした疑問を、ピサロを通して演出した点が実に素晴らしい。

ピサロだけが「ムーンサルト」や「魔人斬り」などの特技を使えることで
「呪文」の世界における「特技」の存在感をうまく表現したと思う。
しかも「クリア後限定」ということで、
元の世界観を損ねることなく実現した点が素晴らしい。
オリジナルの時からファンの要望にあった
「ピサロ救済」をも同時に達成した点がまた見逃せない。

あれを批判しているのは、
「ドラクエの何たるかを理解してません」と自ら自己紹介してるようなものだ。

49スライムナイト2018/11/12(月) 19:07:57.50ID:F9OoRR88
DQ5は「移植」ではなく、もう1回ちゃんとしたのを作り直せば
さらに化ける作品なのにな。
その辺が惜しいわ。
現状でも悪くは無いが、ちょっと過大評価されてるように感じる面はあるわな。

例えばオリジナルの時にスライムナイトはAIでちゃんと「マホトラ」を使ってくれた。
それがリメイクではほぼ使わなくなった。
この残念さをまず理解してる人間が作り手側にどれ位いるのかという話だよな。
些細なことに思うかもしれんが、こういうのがとても大事な所なんだよ。

50スライムナイト2018/11/12(月) 19:20:39.23ID:F9OoRR88
DQ5というのは「勇者探し」の旅であるんだけども、
実は勇者というのは2人居るということに気付いているかな?
1人は主人公の息子である勇者。
そしてもう1人が先に挙げたスライムナイトなんだよな。

「勇者」の一番のアイデンティティは「万能」であること。
でもおのおのの得意とする面においては戦士や魔法使いには敵わないかもしれない。
そういった側面を強く持ってるのがスライムナイトなんだ。
ある時は剣で攻撃し、ある時はホイミで回復し、またある時はマホトラでMPを奪ったりする。
さらに呪文やブレスに対する耐性も優れている。
この万能さが売りのスライムナイトだからこそ、先に挙げた「マホトラ」の件は些細な事ではないと分かる。

DQ5というのは、前半の勇者がスライムナイト、後半の勇者がレックスという二層構造を持った作品なんだ。
勇者探しの旅でありながら、早々に勇者に出会ってるというw
その意味でスライムナイトの呪文がイオラ止まりで、
イオナズンまで覚えなかったのは実に素晴らしい判断だったと思う。
それでこそ勇者らしい「不器用さ」が演出できてると言えよう。

一見些細に見える事が実はとても大事なことだと気付けるかどうか。
一つ一つの疑問に対しての自問自答の繰り返し、それこそが「ゲームバランス」なんだよな。

51やり込みが大事2018/11/12(月) 19:25:06.72ID:F9OoRR88
よくDQ11スタイルで過去作をリメイクして欲しいという声を聞く。
もしまたそういうのを作るのなら、システム面もきちっと考え直して欲しいものだ。
例えばDQ3なら今度こそは盗賊にインパスだのアバカムだの
トラマナだのレムオルだのマホトラだのを覚えさせて欲しいものだ。
こういう声は前々からあるのに、一向に変えようとしないのは面倒くさいからなのか、
それとも堀井が足かせになっているからなのか。

一つ言えるのは、
その変更が正しいかどうかの判断が出来る程にあなたはドラクエをやり込んでいますか?
ということ。
たとえ堀井であっても、その点を第一に物事を考えて欲しいものだ。

52みちくさ冒険ガイド2018/11/12(月) 19:28:56.61ID:F9OoRR88
「みちくさ冒険ガイド」の147ページ。
復活の杖の初登場はDQ3と書いてあるけど、DQ5だろ?
ほんと、こういう基本的なことを間違えるなんて、
スタッフの質も落ちたもんだと思うわ。
冒険ガイド自体もどうでもいい情報が多くて、
正直値段と釣り合ってないと思ったわ。

53グロッタ南2018/11/12(月) 19:33:24.70ID:F9OoRR88
よくネタにされる「グロッタ南」の面白さは、
主人公の相棒が突然変なことを言い出す点にある。
「お前いつからキャラ変わったんw」みたいな。
しかもしゃべってる内容が完全にメタ視点なのにまた笑った。
「予言とか無くても全部分かってるやんかw」と。
さらに「グロッタの南」に行けば別れが待ってるのに、
しつこい位にそれを勧めるのがまた切なくて笑った。
開発者の過保護とも言える親切設計が
とんだ副産物を産んだ点が面白いわ。

54テスト不足2018/11/12(月) 19:34:20.14ID:F9OoRR88
シンボルエンカウントについて言うと、フィールド上でたまに
岩にめり込んでるモンスター居るよな?(ソルティコ海岸とかで)
こういうの見ると、ああテスト不足だなと思ってしまうわ。

55エマとペルラの渡る世間2018/11/12(月) 19:35:10.54ID:F9OoRR88
エマ 「あ…おばさま!おはようござい…」
ペルラ「とっとと洗濯しな!」
エマ 「……」
ペルラ「まったく!気が利かない子だよ!」

56デク 対 魔王2018/11/12(月) 19:36:11.33ID:F9OoRR88
デク「アニキ〜」
オルゴ・デミーラ
「神の作りしデク人形よ……その身に宿りし命を投げ打ってまで、神に恩義を果たすというか……。
 我は倒れぬ。我は死なぬ。我こそは万物の絶対的存在なり……。
 我に従うこそ誇りなり。我に逆らう事過ちなり。デク人形よ……その愚かなお前達に今一度考える時間を与えよう……。
 それぞれの生ける場にて苦痛を受け入れつつ、人生を閉じるのもよい……今すぐこの場で死ぬもよい。さあ、選ぶがいい……。
 愚かなデク人形よ……お前達の命はどこまで行ってもお前達の物……。神のために使うべき物ではない……。
 我の言葉の意味……死をもって知るがいい!!」

57ニートとは…2018/11/12(月) 19:37:08.43ID:F9OoRR88
ニートとは!
最後まで決して…働かない者のことです!!

58キャラのアイデンティティ2018/11/12(月) 19:48:11.10ID:F9OoRR88
>>34
>>46
最近の世の中は何でもイケメン重視の傾向があるけど、もっと“彩り”を大事にしないといけない。
DQ11の最初の4人(主・カミュ・ベロ・セー)の若者パーティだとどうしても薄っぺらさが出てしまう。
そこにオカマだの爺さんだのおっさんだのを加えたことによって、パーティに“厚み”が出てきたんだよなあ。
この重層性こそがDQ6が越えられなかった壁であり、逆にDQ4はこの面では成功したと言える。

59ゲームバランス2018/11/12(月) 19:52:40.86ID:F9OoRR88
>>24
DQ11は「ドラマ部分」に偏って力を入れ過ぎた。
そのお陰で「ゲーム部分」は御座なりにされた感じ。
スクウェアとエニックスが合併する時に
「ドラクエがFF化するんじゃないか」
という危惧がファンの間から聞かれたけど、
まんまその通りになって笑った、というか呆れた。
もっとゲームバランスに力を入れないといけない。

60技術の制御2018/11/12(月) 20:11:42.56ID:F9OoRR88
>>32
>>33
昔スーファミで「信長の野望」ってゲームがあったな。
あれって自分のターンが回ってきて、内政したり外交したり時には戦争したりするんだけど、
ターンが終了すると、他の大名のターンが終わるまで待たないといけなかった。
時間にして何十秒とかあるいは分単位の時もあったと思う。
それからまた自分のターンが巡ってくる → 他大名のターン、の繰り返し。
それが最近は技術が進歩して、自分のターンが終わると一瞬で他大名の処理も終了して、
またすぐ自分のターンが回ってくる。

ふざけるな!!と言いたい。

あの他大名の処理中に、ぼんやりと画面上の日本地図を眺めるのが良かったのに…。
地図を見ながら戦略を練ったり、物思いにふけったり、あるいは空想を膨らませる時間があった。
それが最近の「信長の野望」はせっかち過ぎる。
そんなに早く他大名の思考を終わらせるなら、もっと思考内容を洗練することだって出来たハズだ。
それによって多く時間がかかろうとも、それは「肥やし」になる意味のある時間だ。

何が言いたいかと言うと、アナログの時代に「時間がかかった」ことが
必ずしも「悪」では無いということ。
いやむしろそういう「遊び」の時間こそが貴重だと言いたい。

ドラクエで言うなら、11はレベルがさくさくと上がり過ぎる。
昔のドラクエの、画面をちょこちょこ移動しながらちまちまと戦闘を繰り返すスタイルのレベル上げ、
あれがどれだけ素晴らしい時間だったのかということ。

“釣り”なんかと一緒で、ほとんど変化が無い中にちょっとした変化を楽しむ。
同じ状態が長く続くから、武器や防具を買った時の進歩、
あるいはレベルが上がった時の進化を体感できる。
「はがねのつるぎ」を買った時の喜びは何物にも代えがたかったはずだ。

ただの作業に見える「レベル上げ」が実は“黄金時間”だったということ。
無駄な時間と決めつけて、さくさくとレベルが上がる仕様は改めて欲しい。
今は電車の中でスマホとか、「レベル上げ」に適した環境にもなってきている。
“時代の変化”を感じ取り、あの素晴らしかった「物思いの時間」を取り戻して欲しい。

61技術の制御2018/11/12(月) 20:16:23.27ID:F9OoRR88
>>32
>>33
車で言うなら、
昔の車はエンジン音がするから、歩行者は車が近づくとすぐに気付いた。
それが最近のハイブリッド車になってから音がしないから事故もまた増えた。
そこで「あえて音がするようにした」のが今の車な訳やん。

ゲームもまた同じ。
素早く処理できるところを「あえて待機時間を作る」ことが発想として必要になってくるんだよな。
アナログ時代の技術の低さ故に「制限」されていたことが、
実は未来においての理想形だったというのはよくある話。
ドラクエの、特にFC版のソフトが何故高く評価されたかの根源をもう一度よく思い起こして欲しいわ。

62DQ11Sの“S”はセーニャの“S”2018/11/12(月) 20:20:05.62ID:F9OoRR88
Q、ベロニカが死んだ際にセーニャは髪を切ったけど
 DQ11Sでセーニャが死んだ際にベロニカは何か変化あるのかな?
 もしや大人に戻ったりして…

A、ベロニカは下の方を切るそうだぞ?

63FFDQ板 dat落ち条件2018/11/12(月) 20:23:13.28ID:F9OoRR88
・10レス以下 120分放置で dat落ち
・20レス以下 240分放置で dat落ち
・60レス以外 1200分放置で dat落ち
・48時間放置で dat落ち

64ドラクエ神2018/11/17(土) 06:35:02.16ID:4cyF/e/q
俺はドラクエシリーズは500回以上クリアしてると言ったが、
1番長いので1回のプレイに6000時間を超えたことがあるわw
無論、レベル上げでコントローラーを固定とかは無しでな
そう考えると、おそらく合計で数万時間は超えてるはず

65ドラクエ神2018/11/19(月) 07:11:47.90ID:8YLi8APf
俺が最もやり込んだDQはPS2版のDQ5で、これが6000時間を超えたわ
これにはパパスを仲間にすることの出来るOPT技というのがあって(PS2版限定)、
これにとにかくハマった、とにかく時間がかかる

OT(オープントレイ)はPS2本体のディスクを開閉するんだけども、
ちょっとした空間移動の際の座標ミスで即やり直しとかも多かった
1回のやり直しだけでも相当時間がかかる(PS2の電源の立ち上げは結構待つ)
さらに正規のルートでは無いから、ストーリーを進行したらフリーズでやり直しとかも多々あった
オマケに様々な発見とかもあって、例えばパパスベラヘンリーを仲間にした上に、
強制的についてくるマリアをデモンズタワーのバリアで消し去るという、
恐らくネットにも載ってないんじゃないかという技を自分で発見したりもした
(何のことを言ってるのかサッパリわからないだろうけどw)
そういう様々な発見が山ほどあって、やればやるほど奥が深くて語りつくせない程だった

で、仲間にしたはいいけどパパスはレベルアップしないから(それでも十分強いが)
自分で育ててあげる必要があった
その方法は@すごろく場のステータスアップマスA種や木の実、という方法
これに膨大な時間を費やして、パパスのステータスをMAXまで育てあげたわ
(素早さだけは攻撃順を考慮して200でとどめた)
パパスはランダムで2回行動する上にアリーナと同じ位「会心の一撃」を繰り出すから
育て上げると真の意味での最強キャラが出来上がる(一番凄い時で4回連続会心の一撃とかもあった)
それを作り上げた時の満足感と言ったら無いが、それにどれだけの時間を費やしたことか…
ところが、その後になって種や木の実を無限に増やせる技が発見されて、今までの努力が全てパアになった
まあ「運の良さ」を増やすのはラックの種が存在しないおかげで双六でしか増やせないけど、
他のステータスをちまちま増やしたのが全て無駄になった
その時だけはスクエニに殺意が沸いたわ
その技ってバグと言うよりも、予めプログラミングされたような技だったからな

まあそんなこんなあって、パパス仲間やモンスター全てレベルカンストとかやってたら
気が付いたら6000時間オーバーだったという訳

66ドラクエ神2018/11/21(水) 18:14:40.05ID:uvWOnY2S
付け加えると、パパスの装備はお店では買えないから
双六場の特定のマスでアイテムを拾わせる必要があった
そのアイテムをパパス以外のキャラで1度でも拾ってしまうと
もう最強のパパスは作れなくなるから、それにもかなりの時間と
試行錯誤を要したのを覚えているわ

67ドラクエ神2018/11/23(金) 16:51:03.22ID:G7ONw7lW
あとはエミュレーターを使って、SFC版DQ5のパパスを仲間にしたりもしたな
仲間にするだけならエミュ無しでも出来るけど、
仲間にしたままエスタークまで倒すにはエミュが必要だったと思う
そのパパスも幼年期と青年期で仕様が違うのがまた面白かったりもしたな

あとは同じくエミュでFC版DQ3のスタート時から賢者を連れ出したりもした
こういう様々なプレイスタイルを楽しめるのがドラクエのいい所であり、
多様性というのはとても大事なことなんだなと改めて感じるわ

その意味で例えばDQ5を作り直すなら、
ホイミスライムとベホマスライムのように役割のかぶったモンスターは再検証して欲しいわ
それぞれに個性を持ったキャラとして作り直すか、あるいは削るなどの工夫をして欲しい
馬車8人パーティなら仲間モンスターの数は多すぎるから、
オリジナル版位が丁度いいと感じるな
何事も引き算の発想が大事!

68ドラクエ神2018/11/26(月) 19:06:01.48ID:1Nr4Ln+z
DQ11で言うなら、レベルがMAXになると
スキルパネルがほぼ開いてしまうのはもったいないと思う
先ほどの「多様性」の観点から言うなら
皆が皆すべてのパネルを開けてしまったら
プレイヤー毎の差異は無くなってしまうからな
DQ6や7で職業を極めたら、各キャラの個性が消えてしまったのと同じ
プレイヤー毎の、あるいはキャラ毎のアイデンティティと言うか
多様性みたいなものはとにかく大事にして欲しいわ

69ドラクエ神2018/11/30(金) 00:55:43.85ID:RYzy4H+q
なになに
ドラクエ11Sではベロニカの代わりにセーニャが死ぬとな?

70ドラクエ神2018/12/01(土) 08:13:21.34ID:8h9gMxfh
ほうほう、ドラクエ11SのSは「セーニャのS」という意味もあったのか!

71ドラクエ神2018/12/04(火) 07:16:41.18ID:CGoh1HT7
セーニャが死ぬから「11S」!

72日曜8時の名無しさん2018/12/05(水) 00:36:02.39ID:pfF6xLuf
セはセーニャのセはセーニャの
ニはセーニャのニはセーニャの
ャはセーニャのャはセーニャの
3つ合わせてセーニャ♩

冠婚葬祭セーニャです

73ドラクエ神2018/12/10(月) 08:15:45.31ID:f+xuNMb1
なになに
DQ11Sではベロニカの代わりにセーニャが死ぬとな?

新着レスの表示
レスを投稿する